MENU

一方的に勧誘してきます

闇金で借金はダメだぞ!

 

ヤミ金の大きな特徴として一方的な勧誘があります。

 

消費者金融にしても銀行にしても、お金を借りてくださいと自宅に連絡してくることはないでしょう。

 

そもそも、よくわからない相手に対して融資の紹介などしないものです。

 

相手が無職だったら、1円も融資することはできないし、あり得ないのです。

 

一般的にローンの貸付条件は、年齢20歳以上で収入が安定していることです。
安定収入を得ていても19歳では借りることができませんし、20歳以上の方でも失業すれば借入できなくなります。

 

お金を借りるときは、必ず自分から金融機関にアクセスして、審査を受けてから借りるものです。

 

もしいきなり電話連絡がきて、融資の話が始まったらヤミ金だと考えていいでしょう。

 

自己破産をすると、5年間はローンを組めなくなります。

 

ヤミ金は官報や破産者名簿などで、債務整理をした人を探して連絡してくることがあります。

 

債務整理をして5年経過していないのに、ローン会社から連絡がくるような場合も危険です。ヤミ金業者と考えてほぼ間違えないと思います。

 

ヤミ金は債務整理直後の人たちをターゲットにするのです。
通常の貸金業者であれば、債務整理をした方に融資をするのを避けるものです。

 

しかしヤミ金は、数万円といった小額を貸し付けることで、債務者が逃げにくい状況を作ります。

 

数十万円、数百万といった借金であれば、返済不能になったら逃げてしまう方もいるでしょう。

 

しかし、数万円だとある種の安心感があり、自分でどうにかできると思い込んでしまうのです。

 

いずれにせよ、一方的に勧誘してくる業者はすべて怪しいと考えてください。